So-net無料ブログ作成
南極大陸 あらすじ 9話に見るツボ ブログトップ

南極大陸 あらすじ 9話に見るツボ

南極大陸 あらすじ 9話に見るツボ

TBS開局60周年記念の集大成 !

木村拓哉、南極に挑む!民放の大河ドラマの歴史が、今、始まる!

★日曜劇場 『南極大陸』主演の木村拓哉さんに関連する商品なら楽天市場がオススメです。★

南極大陸 いよいよ物語も9週目に突入です。

南極大陸 9話の放送時間は21時00分~22時04分の拡大版です。

さて、12月11日放送の南極大陸 どんな展開となるのか、あらすじ 9話の紹介です。

南極に置き去りにした犬たちとの再会を願う倉持(木村拓哉)は、政府が第三次観測隊の派遣を決定したと聞き、希望を抱く。

しかし、第一次と二次の越冬隊員は選考から外されるという。

白崎(柴田恭兵)は経験者の必要性を説き、元隊員たちの加入を政府に訴えるが、政府の方針は変わらない。

少しでも役に立ちたいと「宗谷」の修理を手伝う倉持に、シロ子親子の世話をする北海道の古館(山本學)からある情報がもたらされる。

以上が、南極大陸 あらすじ 9話の紹介でした。

続きは12月11日放送の南極大陸 9話でお楽しみください。


TBSドラマ「南極大陸」南極観測船 宗谷“第一次南極観測隊”





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
南極大陸 あらすじ 9話に見るツボ ブログトップ
Copyright © 南極大陸の見どころをキャストとあらすで徹底研究 All Rights Reserved.
内臓周りに付く脂肪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。