So-net無料ブログ作成
検索選択
南極大陸 あらすじ 8話に見るツボ ブログトップ

南極大陸 あらすじ 8話に見るツボ

南極大陸 あらすじ 8話に見るツボ

TBS開局60周年記念の集大成 !

木村拓哉、南極に挑む!民放の大河ドラマの歴史が、今、始まる!

★日曜劇場 『南極大陸』主演の木村拓哉さんに関連する商品なら楽天市場がオススメです。★

南極大陸 いよいよ物語も8週目に突入です。

南極大陸 8話の放送時間は21時00分~22時04分の拡大版です。

さて、12月4日放送の南極大陸 どんな展開となるのか、あらすじ 8話の紹介です。

「宗谷」は進路を日本に向けるが、隊員たちの心は晴れない。

基地に置き去りにした犬のことが頭から離れない倉持(木村拓哉)は、首輪を締め直したことが悔やまれてならない。

「宗谷」の損傷が激しく、一行はケープタウンから空路で帰国することに。

そんな中、白崎(柴田恭兵)に外務省から電報が届く。

電報は今回の越冬断念と犬の置き去りを問題視し、政府が第三次観測隊の派遣中止も含め検討していることを伝えるものだった。

以上が、南極大陸 あらすじ 8話の紹介でした。

続きは12月4日放送の南極大陸 8話でお楽しみください。


TBSドラマ「南極大陸」南極観測船 宗谷“第一次南極観測隊”





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
南極大陸 あらすじ 8話に見るツボ ブログトップ
Copyright © 南極大陸の見どころをキャストとあらすで徹底研究 All Rights Reserved.
内臓周りに付く脂肪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。