So-net無料ブログ作成
検索選択
南極大陸 あらすじ 4話に見るツボ ブログトップ

南極大陸 あらすじ 4話に見るツボ

南極大陸 あらすじ 4話に見るツボ

TBS開局60周年記念の集大成 !

木村拓哉、南極に挑む!民放の大河ドラマの歴史が、今、始まる!

★日曜劇場 『南極大陸』主演の木村拓哉さんに関連する商品なら楽天市場がオススメです。★

2011年10月30日の日曜劇場 南極大陸 3話の視聴率は3週続けての高視聴率と行きたい所でしたが、なんと大幅に落ち込み16.9%と言う結果になってしまいました・・・

落ち込んだとは言え15%以上ですよ・・・

さて、物語の方は4週目に突入です。

今週はどんな展開となるのか 南極大陸 あらすじ 4話の紹介です。

「宗谷」の帰還後、予備の食糧が流失してしまう。

動揺する隊員らに、星野(香川照之)はある解決策を出す。

南極での活動が本格的に始まる中、隊員たちは日々の業務の他に各人がテーマを見つけて“南極”を研究することに。

越冬隊最年少の犬塚(山本裕典)はオーロラの研究をしたいが、自信がないようだ。

倉持(木村拓哉)はそんな犬塚の気持ちを察し、背中を押してやる。倉持自身は、高峰ボツンヌーテン踏破に挑戦するつもりだ。

以上が、南極大陸 あらすじ 4話に見るツボでした。

続きは11月6日 放送の南極大陸 4話でお楽しみください。


TBSドラマ「南極大陸」南極観測船 宗谷“第一次南極観測隊”





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
南極大陸 あらすじ 4話に見るツボ ブログトップ
Copyright © 南極大陸の見どころをキャストとあらすで徹底研究 All Rights Reserved.
内臓周りに付く脂肪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。