So-net無料ブログ作成
検索選択

南極大陸 あらすじ 7話に見るツボ

南極大陸 あらすじ 7話に見るツボ

TBS開局60周年記念の集大成 !

木村拓哉、南極に挑む!民放の大河ドラマの歴史が、今、始まる!

★日曜劇場 『南極大陸』主演の木村拓哉さんに関連する商品なら楽天市場がオススメです。★

南極大陸 いよいよ物語も7週目に突入です。

第6話の放送はプロ野球日本シリーズの為、大幅に放送時間がズレましたが、みなさんはちゃんと見れましたか・・・?

さて、11月27日放送の南極大陸はどんな展開となるのか、あらすじ 7話の紹介です。

第一次越冬隊は、「宗谷」から迎えに来たセスナ機で基地を離れる。

すぐに犬たちと再会できると信じていた倉持(木村拓哉)だが、天候が悪化して基地に戻れない。

天候は回復せず、「宗谷」を救出したアメリカ船も、早くその場を離れなければ共倒れになってしまう状況だ。

スクリューが破損した「宗谷」は外洋に出るまでアメリカ船の後をついて行かざるを得ない。

白崎(柴田恭兵)はアメリカ側に直談判するが、決定は変わらない。

以上が、南極大陸 あらすじ 7話の紹介でした。

続きは11月27日 放送の南極大陸 7話でお楽しみください。


TBSドラマ「南極大陸」南極観測船 宗谷“第一次南極観測隊”





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © 南極大陸の見どころをキャストとあらすで徹底研究 All Rights Reserved.
内臓周りに付く脂肪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。